宝製菓株式会社

お問い合わせはこちら:0858-49-5555

会社概要

社名
宝製菓株式会社
設立
昭和22年1月
資本金
3千2百万円
年間売上高
48億円(平成27年2月期)
従業員数
280人
事業内容
観光土産菓子製造販売
健康食品製造
冷凍和菓子製造
宝製菓株式会社

沿革

昭和22年
宝農産物加工所を設立し「粟おこし」の生産を開始する。
昭和23年
工場を全焼し現在地へ移転
昭和27年
宝製菓有限会社に改組
昭和31年
熱海市に熱海支店を開設し関東地方の販売拡充を図る。
昭和34年
宝製菓株式会社に改組
京都市嵐山に別法人京都宝製菓株式会社を設立
昭和35年
別府市に九州支店を開設し、九州地方の販売拡充を図る。
昭和38年
九州支店を宝物産株式会社としてより拡充を図る。
昭和40年
天皇・皇后両陛下の山陰行幸啓のおり、弊社製品を御買い上げの栄に浴す。
昭和44年
経営合理化模範企業として中小企業庁官表彰を受賞
昭和48年
山陰名物「大風呂敷」を開発し、山陰地方の名物となる。
昭和49年
三重県に伊勢営業所を開設、伊勢志摩の販売拡充を図る。
税務署より優良申告法人に指定される。
昭和52年
第一工場の竣工と共に「紅あけび」の本格生産・販売を開始する。
山口県に山口営業所を開設、山口県内の販売拡充を図る。
昭和53年
製餡工場の竣工、最高級品の自社製餡に踏み切る。
兵庫県に兵庫営業所開設、北近畿地方の販売拡充を図る。
岐阜県に下呂営業所開設、飛騨地方の販売拡充を図る。
昭和55年
第二工場の竣工、焼まんじゅう日産20万個の本格生産販売の開始
昭和56年
米子市に米子営業所開設、鳥取県西部・島根県東部の販売拡充を図る。
昭和57年
公害防止のための排水処理施設の設置
県中部に三朝営業所開設、中部地区の販売拡大を図る。
昭和58年
倉吉市に餅類専門の倉吉工場竣工
昭和61年
第二製餡工場竣工、「つぶあん」日産7トンの生産に踏み切る。
試験研究所新設、製品開発の充実を計る。
昭和62年
鳥取県の企業誘致として関金工場竣工(最新鋭の製造ラインと衛生設備を完備し、工場見学も出来るモデル工場)
岡山市に岡山営業所開設、瀬戸大橋の開通に備える。
島根県に玉造営業所開設、出雲地方の販売拡大を計る。
昭和63年
山口営業所を山口宝株式会社としてより充実を計る。
岡山営業所を岡山宝株式会社としてより充実を計る。
伊勢営業所を三重宝株式会社としてより充実を計る。
下呂営業所を岐阜宝株式会社としてより充実を計る。
平成元年
三朝町に宝販売株式会社を開設 兵庫、鳥取、三朝、米子、玉造に営業所を設置し業務の拡大を計る。
平成9年
創業50周年記念事業として、本社新社屋並びに流通センター竣工
平成16年
宝販売玉造営業所をしまね寶楽庵株式会社として分離独立
スウィートランドタカラ米子店開設
平成18年
東洋製菓株式会社を合併。北栄工場として生産管理体制の集約を行う。
平成21年
山口宝株式会社をやまぐち寶楽庵としてより充実を行う。
岐阜宝株式会社を飛騨たからや株式会社としてより充実を行う。
平成23年
三重宝株式会社を伊勢たからや株式会社としてより充実を行う。
平成25年
丹後たからや株式会社を設立。
ページの先頭へ
閉じる